ごはんがすすむ♪鶏チリたまご

鶏チリたまご

おかずとしてはもちろん、丼にしちゃっても美味しいですよ~!ごはんがすすむ味です。

材料

鶏むね肉 1枚分(300グラム)
塩胡椒 適量
片栗粉 適量
長ねぎ 1/2本
ケチャップ 大さじ3
大さじ2
砂糖 小さじ1
鶏がらスープの素 小さじ1
しょうがすりおろし 小さじ1/2
にんにくすりおろし 小さじ1/2
豆板醤 小さじ1
ごま油 大さじ1

作り方

  • ねぎを刻みます。

  • チリソースを作ります。(ケチャップ、酒、砂糖、鶏ガラスープの素、生姜・にんにくのすりおろし)

  • 鶏むね肉を食べやすい大きさにカットし、塩胡椒を振ります。 その後、片栗粉をまぶします。

  • フライパンにごま油を引き、鶏むね肉を焼いていきます。 両面に焼き色が付いたら、一度取り出します。

  • 豆板醤、刻んだねぎ、チリソース(Step2)を弱火で素早く混ぜ合わせます。

  • 煮立ったら鶏肉を戻し入れ、汁気が少なくなり、とろみがつくまで炒めます。

  • 鶏肉(Step6)を取り出し、フライパンに油を適量引きます。 溶き卵を流し入れて大きく混ぜます。

  • お皿に盛り付けたら完成です。アツアツのご飯の上にのせて丼にしても◎

コツ・ポイント

 

鶏むね肉に片栗粉をまぶすことで柔らか食感に、ソースも絡めやすくします。

シチュエーション

「ひょうご味どり」は、日本三大地鶏の二つ「薩摩鶏」と「名古屋種」に「白色プリマスロック」という三つの品種を掛け合わせた交配種で、1991年に兵庫県立農林水産技術総合センターにより開発されました。

 

また、播州の豊かな自然と通常の約2倍の月日をかけて生産されることから関係者らの間で「幻の地鶏」とも呼ばれており、酒米・山田錦を混ぜた飼料で特別に飼育しています。

 

歯応えとコクのある味わいが特長で、その肉質の良さは日本系本来の旨味を持ち、その食感はまさに「地鶏の最高峰」です。

 

Top