{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
LINEアカウント
  • 戻る
  • 並び順
    在庫なし商品

簡単♪忙しい日でもパパッとできる鶏すき丼

鶏すき丼

簡単お手軽♪"鶏すき丼"のレシピ。 甘辛だれは、ごはんにたっぷりとかけて食べると最高に美味しい◎ 忙しい日でもパパッとできるため、バタバタして時間のないときや、手間暇かけずに作りたいときに嬉しいメニューです。 お好みで卵黄を絡めて召し上がれ♪

材料

鶏もも肉 1枚分(350グラム)
長ねぎ 1本
糸こんにゃく 200グラム
砂糖 大さじ1
大さじ3
醤油 大さじ3
みりん 大さじ2
卵黄 お好みで

作り方

  • 長ねぎはぶつ切りにし、鶏もも肉は食べやすい大きさに切ります。 その後、大さじ1程度の油(適量・分量外)を熱したフライパンで焼きます。

  • 長ねぎ、鶏もも肉両面に焼き色がついたら、糸こんにゃく(湯通しが必要であればする)を加えます。 次に、砂糖を全体にふりかけてから他の調味料を入れます。

  • 汁気が少なくなるまで弱中火でグツグツ煮込みます。

  • どんぶりに盛り付けたら完成です。 お好みで卵黄をのせ、ねぎを散らします。

コツ・ポイント

シチュエーション

「ひょうご味どり」は、日本三大地鶏の二つ「薩摩鶏」と「名古屋種」に「白色プリマスロック」という三つの品種を掛け合わせた交配種で、1991年に兵庫県立農林水産技術総合センターにより開発されました。

 

また、播州の豊かな自然と通常の約2倍の月日をかけて生産されることから関係者らの間で「幻の地鶏」とも呼ばれており、酒米・山田錦を混ぜた飼料で特別に飼育しています。

 

歯応えとコクのある味わいが特長で、その肉質の良さは日本系本来の旨味を持ち、その食感はまさに「地鶏の最高峰」です。

 

Top