{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
LINEアカウント
  • 戻る
  • 並び順
    在庫なし商品

レンジで作る簡単♪やみつき鶏

やみつき鶏

レンジで作る簡単「やみつき鶏(温玉のせ)」。柔らかい鶏むね肉にタレと温玉が絡まって白いごはんと相性抜群。鶏肉はごはんのおかずにしても、お酒のおつまみにしても美味しくいただけます。さらに、ごはんにのせれば、ボリューミーな丼が完成。忙しい日や疲れている日にぴったりの簡単レシピです。

材料

鶏むね肉 1枚分(300グラム)
150㎖
砂糖 小さじ2
小さじ1
1個
【 タレ 】
砂糖 大さじ1
醤油 大さじ2
ごま油 大さじ1
ひとつまみ
にんにくチューブ 小さじ1/2
ごま 大さじ1
ラー油 小さじ1(お好みで)

作り方

  • 水・砂糖・塩で作ったブライン液で、10分以上鶏むね肉を漬けます。

  • 鶏肉をブライン液に漬けている間にタレの調味料を合わせます。

  • 【温玉を作り】卵を深めの器に割り、被るくらいの水を入れて爪楊枝で黄身部分に1.2カ所穴を開けます。→600Wレンジで40秒加熱します。

  • ブライン液を捨てます。その後、耐熱容器に鶏肉を入れてふんわりラップをし、レンジで600Wで3分加熱します。

  • 上下をひっくり返し、さらに3分加熱します。

  • 鶏肉を食べやすい大きさにカットし、タレをかけます。

  • 温玉を絡めて召し上がれ♪

コツ・ポイント

鶏むね肉の大きさによって過熱時間が前後します。

しっかり火が通っているか確認してください。
たまごの黄身に穴を開けるのは破裂防止です。

シチュエーション

「ひょうご味どり」は、日本三大地鶏の二つ「薩摩鶏」と「名古屋種」に「白色プリマスロック」という三つの品種を掛け合わせた交配種で、1991年に兵庫県立農林水産技術総合センターにより開発されました。

 

また、播州の豊かな自然と通常の約2倍の月日をかけて生産されることから関係者らの間で「幻の地鶏」とも呼ばれており、酒米・山田錦を混ぜた飼料で特別に飼育しています。

 

歯応えとコクのある味わいが特長で、その肉質の良さは日本系本来の旨味を持ち、その食感はまさに「地鶏の最高峰」です。

 

Top